【泣ける】ある盲導犬が現役を引退し余生を過ごす場所・・そこにも胸が熱くなるドラマがあった!
SPONSORED LINK

盲導犬の仕事を立派に勤め上げ、引退するオリバー君。

通常、引退した盲導犬は老犬ホームか
老犬ボランティアヘ行って余生を過ごすそうですが、

オリバー君はそんな盲導犬達とは違う所で
余生を過ごす事になりました。

オリバー君が帰る場所、それは11年前に過ごした
懐かしいパピーウォーカーの元。

はたして彼は家族の事を覚えているのでしょうか・・・




 

ちなみにパピーウォーカーとは・・?

パピーウォーカーは、盲導犬候補の子犬を約10ヵ月間、家族の一員として迎えていただくボランティアです。
この時期、子犬の「社会化」が重要なポイントとなります。電車や車の音、雨や雪、人混みなど、人間社会で様々な経験をするために、色々な場所に一緒にでかけ、人間と生活する喜びを経験します。
たまにはいたずらもするけれど、子犬は家族と共に様々な経験や出会いをする中で、社会や家庭の中で暮らすためのルールを学んでゆきます。
その過程で、人間に対する親しみと信頼感が築かれ、将来目の不自由な方との生活がスムーズに送れるようになるのです。
人間社会の中での良きパートナーとなれるように、スタッフの指示のもと、パピーたちに様々なことを教えていただきます。

それでは胸熱くなるオリバー君の動画をご覧ください

SPONSORED LINK

もう言葉なんて必要ありませんね・・
しばらく涙が止まりませんでした。

オリバー君、新たな第二の人生をゆっくり幸せに過ごしていってくださいね。
今まで盲導犬としてのお役目、お疲れ様でした!

 

 

 

【引用元】
https://www.youtube.com/watch?v=vXcYLRk6ZW8


おすすめの記事