「また笑顔が見たい」東北の震災の時に多くの人が元気をもらった九州新幹線の感動のCM。今度は熊本を励ますことに・・
SPONSORED LINK

2011年3月12日、東日本大震災の翌日に開通した九州新幹線のCMが話題になっています。ツイッター上では「久しぶりに見返した」「こういう時だから、この動画を見て元気を出していきたい」などの声が相次いでいます。熊本地震によって今も運休が続く九州新幹線。東日本大震災直後は、東北の被災者からも絶賛された名作CMが、再び注目されています。

SPONSORED LINK

 

 

【満面の笑顔で手を振る人々】

CMは、九州新幹線全線開通に合わせて作られました。沿線の住民が7色にカラーリングされた新幹線の車両に手を振り、各地の地名が紹介されます。呼びかけに応じた九州各地の住民が、旗を持ったり、横断幕をかかげたり、ゆるキャラを動員したりして、開通を祝いました。

熊本地震で被災地となった熊本駅周辺の風景も収められています。歩道橋を埋め尽くした人たちが手を振り、野球をする少年が手を止めて満面の笑顔になります。熊本駅では、くまモンの姿も映っています。

 

 

【東日本大震災で一度、中止に】

CMの放映は震災と重なりました。JR九州がCMの放映を始めたのは3月9日。2日後、東日本大震災が発生します。12日に予定されていた全線の開通を祝う式典は相次ぎ中止に。CMもストップがかかりました。

しかし、ネット上でCMは再生され続けます。被災者からも「ふるさとに重なる」「涙が出た」などの感想が投稿され、「笑顔と力がわいてくる」と全国的な話題に。4月23日、テレビでの放送が再開されました。

2011年5月には、未公開映像も入れた約50分のDVDが発売。売上金の一部は東日本大震災の震災義援金にあてられました。CMは世界的な賞、カンヌ国際広告賞で金賞も受賞しました。

 

 

【3・11でしぼんだ日本に元気をくれた】

そんなCMが、今、再びネット上で話題になっています。

「5年前の九州新幹線のCMには随分励まされた」

「また笑顔が見たい九州新幹線のCM」

「鉄道好きの息子を励まそうと見せた動画に私が涙」

「3・11でしぼんだ日本に元気をくれた」

ツイッターなどには、2つの震災を重ね合わせて、あらためてCMのすばらしさを伝える声が次々と投稿されています。 福岡市で「世界のCMフェスティバル」を運営するジャンクリスチャン・ブーヴィエさんは「フェスティバルで上映した時は、何度もアンコールが起きました。東日本大震災で予定通りの放映ができなかったCMが、今、熊本地震でリバイバルしている。とても感動的な出来事です」と話しています。

 

 

 

熊本地震のニュースを見て、この映像を思い出しました。 再び走り出せますように…。

1

 

 

1日も早く復興して、九州新幹線全線復旧でこのCMの続きを作りましょうよ。

2

 

 

全線復旧時、また縦断ウェーブで歓迎出来るまで頑張れ!

3

 

 

どんなに壊されようと、人のつながりだけは破壊させはしない。

4

 

 

あの日、ひとつになってくれてありがとう。

ひとつになった九州に新しい力が生まれています。

5

 

 

【九州新幹線全線開通CM 180秒】

 

一日も早い復興に向けて…もう一度つながるぞ日本!!

 

 

 

【引用元】

https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU

http://headlines.yahoo.co.jp/

おすすめの記事