【涙腺崩壊】末期がんの父親へ花嫁が贈った最後のプレゼント~病室の結婚式~
SPONSORED LINK

リサさんは、末期がんで病院のベッドから
起き上がれなくなった父親のために、
自分の結婚式を父親の病室で結婚式を
行うことにしました。

ベッドに横たわるお父さんの横で、
旦那様と誓いのキスをし、永遠の愛を誓います。

しかし、リサさんが永遠の愛を誓う相手は、
旦那さま以外にもう一人いました。
そう、リサさんのお父さんです。

SPONSORED LINK

お父さんの手をとり、結婚を喜び合うと、
ある曲が流れ始めます。

それは、ホイットニー・ヒューストンの
「I Will Always Love You(いつもあなたを愛している)」でした。

実はリサさんは、自分の結婚式でお父さんと
ダンスすることを、ずっと夢見ていました。

病気で立ち上がることができなくなって
しまったお父さんは、その願いを
叶えることができずにいたのです。

リサさんはお父さんの手を取ると、
音楽に合わせてゆっくりと踊り出します。

リサさんも、お父さんも、一緒に
ダンスをする喜びで笑顔が絶えません。

旦那様や、家族、親しい友人に暖かく
見守られながら、二人は最後まで踊り切りました。

ダンスを終えると、リサさんは顔いっぱいに
愛のこもったキスをして、最後に
人工呼吸器のマスクを外し口づけます。

https://www.youtube.com/watch?v=GqIzIuZ-rkE

動画を見ていると、感動で涙が溢れてきますが、
踊っているお二人は本当に穏やかで、
幸せそうなのが印象的です。

お父さんは、この結婚式の2週間後に
他界されました。

しかし、最後に最高の「愛」を贈りあえた時間、
ふたりとも本当に幸せだったことでしょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=GqIzIuZ-rkE

 

この記事をシェアしよう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事