猛獣のライオン、トラ、クマが種を超えてとっても仲良し!でも仲良くなったのには、彼らの悲しい生い立ちがありました・・
SPONSORED LINK

【種を超えた3頭の絆】

アメリカのジョージア州にある、虐待された動物を保護する施設Noahs Ark animal sunctuary(ノアの方舟)」

にその珍しい猛獣トリオは暮らしています。

アメリカ熊のバルー、アフリカライオンのレオ、ベンガル虎のシェアカーンの3頭はとっても仲良し。

生態も生息地域も異なる彼らが、どうして一緒に住むことになったのでしょう?

 

 

 

【虐待からのレスキュー】

アトランタのある家の地下室で、ドラッグディーラーが飼育していたのを警察官が発見。

2001年にこのノアの方舟で保護されることになったのです。

その当時はまだ3頭とも生まれて数か月と幼く、飼い主のひどい扱いからなのか怯えきっていたそうです。

栄養失調と様々な感染症を抱えており、健康なからだを取り戻すために獣医の処置が必要な状態でした。

トラのシェアカーンは一番のわんぱくもので、いつも他の2頭にちょっかいを出しているそうです。

それと同時にとても愛情深く、毛づくろいをしてあげたり頭をこすりつけて甘えたりすることが多いと施設の方が語っています。

ライオンのレオはおとなしくていつも冷静。小屋のポーチでお昼寝をするのが好きなんだとか。

オスですが、子どもの頃に去勢をしている為にたてがみはないそうです。

クマのバルーは常に紳士的でおっとりしていて、甘いものが大好きだそうです。

しかし、この施設に来た時は一番ひどい健康状態でした。

からだに合わない小さなハーネスをつけられ、くいこんだ傷が感染症を引き起こして手術しなければいけませんでした。



3頭が引き離されたのは、後にも先にもこの手術の時だけ。

バルーが連れて行かれた時、残りの2頭はずっと歩きまわったり、鳴いたりと明らかに動揺していたそうです。

辛い子ども時代を共に乗り越えてきた3頭は、もう家族になっているのですね。

 

 

 

【彼らの仲良し映像はこちら】

互いの違いを認めあい、とても楽しそうにおだやかに暮らしている様子がわかりますね。

お世話している施設の方たちからあふれ出てくる愛情も伝わってきます。

SPONSORED LINK

この仲良しトリオのfacebookには、獰猛な肉食獣だということを忘れてしまうような、かわいらしい写真がいっぱいです。
是非覗いて見てくださいね。

【引用元】

https://feely.jp/



おすすめの記事