デーブスペクターさんが「チャリティーというなら・・・」日本のチャリティー番組の疑問を指摘。この内容に考えさせられる。
SPONSORED LINK

日本では毎年恒例のチャリティー番組。募金金額は5億を超え多大なる影響力を感じます。

内容も考えさせられるようなものや感動するものとてもいい番組に思いますよね。

しかしデーブスペクターさんはこう持論を投げかけます。









 

Twitterでの反応は・・?

 

SPONSORED LINK

海外ではチャリティー番組は、世界的知名度のあるスターであってもすべてノーギャラ。さらに、CMもないとのこと。

日本の不透明な部分や、『海のサンゴが死んでるって取り上げながら、直後に柔軟剤のCM流す。』という部分の矛盾に疑問を抱いている人もいるようです。

出演してくれているタレントさんたちはきっと本当に綺麗な気持ちで「自分たちが力になれるのならば」と、参加されている人がほとんどでしょう。

しかし、いわゆる「大人の事情」というものが関係しているのかもしれません。

詳しいことは私たちにはわかりませんが、海外のように取り組むことで日本全体の注目度もアップし、チャリティーの本来の目的もより果たすことができるのかもしれませんね。

大変、考えさせられました。

【引用元】
https://twitter.com/dave_spector/



おすすめの記事