「小さい子にヘッドフォンで音楽聴かせて!会話しなさい」と電車内で怒られた・・こういう障害を持つ子供もいるということを理解して!
SPONSORED LINK

あるTwitterユーザーさんが投稿した日常の一コマが話題になっています。

ぜひ多くの人に知ってもらいたい、理解してほしいエピソード。悩んでいる人がたくさんいます・・・

 

 

【小さな子どもがヘッドフォン】

電車でヘッドフォンをしている男の子。

発達障害のひとつである自閉症スペクトラム障害(ASD)による聴覚過敏を抱えているといいます。

・「周囲の会話」
・「食器が触れる音」
・「大勢が集う人ごみの音」
・「パトカー消防車のサイレン」

知覚作用の程度に差はありますが、独特の聞こえ方が存在し、パニックなど日常生活に支障をきたすことがあります。

男の子の母であるポインセチアさんが電車に乗っていると、おばあさんからこんなセリフが飛んできたそう。

“小さい子どもに音楽聴かせて!”

男の子が頭にはめていたのは「イヤーマフ」。外部の刺激(音)や心理的な負担を軽減することを目的にしています。



 

 

【理解が広まってほしい】

ちょうどASDの療育に向かう途中の出来事。

突然、力強い口調で指摘を受け、息子さんも怯えてしまったそう。

「近くにいれば、会話もできる」「理解が広まってほしい」と、お母さんは切に訴えました。

 

 

 

Twitterでの反応は・・?

Twitterでは大きな反響を呼び、ポインセチアさんは補足として、以下のような文章をつづっています。

SPONSORED LINK

発達障害は広く知られてきてはいるものの、外見に大きな変化が出るわけではなく、問題が発生してはじめて気づかれることが多い症状。まずは知る、伝えることから正しい理解を深めていけたらいいですね。

 

 

 

【引用元】

https://twitter.com/poinsettia_noel/



おすすめの記事