『もはや詐欺⁈』 支持する政党がない場合、「支持政党なし」と書くとある政党に一票投じた事になるのを知っていますか?
SPONSORED LINK

明日、1022日は第44回衆議院選挙の投票日です。

最近では、どの政党もこれといった政策がなく「支持する政党がない」という人も少なくないでしょう。

でもそんな際に「支持政党なし」と書いてしまうと、ある政党に一票投じた事になってしまうんです!

 

 

「えっ、ウソでしょ?」と思う人も多い事でしょうが、実はこれ3年前の2014年から問題になっていたんです。

そんな経緯から既に知っている人もいるとは思いますが、まだまだ自分の意思と違った投票結果になってしまっている人が多いので今一度警告しておきます。

そもそも「支持政党なし」という党名は公職選挙法に抵触しないのかという問題だが、残念ながら抵触しないのだそうだ。

でも多くの人の誤認を招くのは確かでしょう。

 

 

では、「支持政党なし」とはどんな政党なんでしょう?・・

 

 

なんと大胆にも「政策なし」と掲げている政党なんです!

 

 

代表者は佐藤秀光氏。 日本大学経済学部の出身だ。



 

 

政党はインターネットで意見を確認して議決権を行使するだけの器。「政策なし」というのはそういうことだったのか・・

 

 

ちゃんと選挙カーもあります。

 

 

これが実際に10万票を獲得した時の記事だ!

SPONSORED LINK

法律スレスレを走っている感のある政党ですが、実際にこの政党を支持したい人は「支持政党なし」と記入しても問題ないが、そうでない人は誤って記入しないように重ね重ねお願いしたい。

 

 

 

【引用元】

https://xn--68jubz91pp0oypc1c.com/



おすすめの記事