四葉のclover

『心』に響く瞬間をお届けします

*

植物に触っちゃダメ! 実は植物は触られることを嫌う生き物だということが判明!

   

SPONSORED LINK

愛おしいものを見るとつい触れてしまいたくなる。人間の本能なのかもしれない。かわいらしい子供や、モフモフした動物を見ると思わず手がでてしまう。それは植物に対しても同様で、手に取ってその美しさや可憐さを実感せずにはいられない。

だが言葉で意思の疎通ができない動物や植物にとって、人間に触られることをどう感じているのだろう?

少なくとも植物にとっては触られるのが嫌だということが分かった。どんなに人間が愛情を込めた行為であっても、迷惑以外の何物でもないようだ。

どのくらい嫌なのかというと、迷惑なあまりミトコンドリアが変化するほどだそうだ。触られることで遺伝子が反応し、植物の成長が阻害されるという。

 

 

【触れられ続けた植物は最大30パーセント成長が鈍る】

オーストラリア、ラ・トローブ大学の遺伝学者ジム・ウィーラン(Jim Whelan)氏によると、植物は、人間や動物、昆虫に触れられることはもちろん、風に揺らいで植物同士が触れただけでも、大きな遺伝子反応を示すのだという。

たったそれだけのことで、30分以内に10パーセントものゲノムが変化してしまうのだそうだ。

しかもこの変化には大きなエネルギーが費やされており、何度も触れられると成長が最大30パーセントも鈍ってしまう。

植物がこのような変化を起こす理由の1つは、虫食い、気候の変化、密集といった状況に対応するためだと考えられている。

 

 

【接触がミトコンドリアに与える影響】

しかし、ただ触れられただけで、植物がこのようにエネルギーを大量に使うメカニズムを発動させる理由はよく分かっていない。

だがどうやら、その変化にはミトコンドリアが関連しているようだ。

ミトコンドリアは細胞の発電所のようなもので、動物と植物の双方において細胞のエネルギーを作る部分である。

接触がミトコンドリアに与える影響を確かめるために、ウィーラン氏らは、植物のモデルとしてよく使われるシロイヌナズナを育て、4週間が経過した時点で、1236時間間隔で柔らかい筆で触れるという実験を行なった。

すると触れられたシロイヌナズナはRNA転写を行い、「OM66」というタンパク質を作り出し始めることが分かった。

しかし植物に対して、ミトコンドリアに作用する突然変異原(生物に突然変異や異常をおこさせるもの)を用いると、OM66は作られなくなった。

このことは、ミトコンドリアとこの反応とが密接に関連していることを示している。



 

 

【〇】 

研究論文によると、ミトコンドリア機能や調節遺伝子を標的とする25個の突然変異体のすべてが、接触トランスクリプトーム(細胞中にあるゲノムから転写されるmRNAの総称)に影響していることが判明したという。

またミトコンドリアのタンパク質情報を持つ遺伝子が突然変異することで、ホルモンの濃度が変化することも分かった。

したがって、触れられた植物のミトコンドリア機能は、直接的には調節ネットワークの変化を介し、また間接的にはホルモンレベルの変化を介して、遺伝子発現を調整しているらしいと言える。

 

 

【触られ続けた植物にはどのような影響があるのか?】

結局のところ、触られた植物にはどのような影響が現れるのか? 

いろいろ説明したが、それほど酷いことにはならないようだ。たしかに触れられ続けた植物には大きな変化が起きているが、それで枯れてしまうようなことはない。

ただし、これまでの研究からは、頻繁に触れたり場所を変えたりすると、背があまり高くならず、短く太い株に成長することが明らかになっている。

そして、こうした植物の防衛メカニズム反応によって、ある状況では害虫への抵抗力が増すことも分かっている。

SPONSORED LINK

優しくなでているつもりが、植物にとってはかなり手荒い扱いで、そのために強くなるということだろうか?

いずれにせよどんなに愛おしいと思っても、植物にお触りするのは控えめにしておいたほうがよいだろう。

 

 

 

【引用元】

http://karapaia.com/



 - 知識, 考える, 驚く

pc

  関連記事

あなたは勘違いしてませんか? ある病院のトイレに貼ってあった「トイレットペーパーを三角折りにしないでください」の言葉に改めて考えさせられた!

SPONSORED LINK ホテルやレストランで、トイレットペーパーの端っこが …

指を洗濯バサミで挟むだけ・・こんな嘘みたいな健康法の驚くべき効果とは?

SPONSORED LINK 肩こりや疲れ、肌荒れなど、日々積み重なっていくカラ …

旅が大好きな1匹の犬と猫。仲良しすぎる2匹の素敵な物語

SPONSORED LINK 米コロラド州在住のシンシア・ベネットさんがボーイフ …

【私たちにできること】検索は応援になる。Yahoo!で『3.11』と検索すると被災地に寄付されます。

SPONSORED LINK 早いもので、甚大な被害をもたらした 東日本大震災か …

今まで痴漢に悩まされていたが◯◯すると嘘のように痴漢がなくなった!・・女子高生が思いついたアイデアとは?

SPONSORED LINK 都内在住のAさんの高校2年生の娘さんは、大きな悩み …

布に穴が開いたら・・こんな方法で隠すのはどう? 簡単そうで難しいナイスアイデアにネット上で話題沸騰中!

SPONSORED LINK 大切な衣類などに穴が開いてしまったら・・? 皆さん …

【刺さる!】1本足で走る少年の物語。欠点って一体なんですか?

SPONSORED LINK パワーエイド(Powerade)というスポーツ飲料 …

アメリカの小学校で忘れ物をした子に注意もせず先生が事前に用意していたものを与えていた・・なぜ?→その理由を知ってその先生の心の広さに驚いた!

SPONSORED LINK 皆さんは「忘れ物」しない方ですか? 学生の時にクラ …

こんなの絶対泣くわ! ソフトなタッチで描かれた理想の夫婦の漫画。こういう年の取り方したいなぁ・・最後のシーンに思わず涙!

SPONSORED LINK あなたにとっての理想の夫婦像ってどういう夫婦でしょ …

新聞見てたら無性にやってみたくなった→やってみた結果、思わぬ大反響!「このハイセンスな遊び心が大好き〜!!」

SPONSORED LINK あるTwitterユーザーさんの投稿が話題になって …