あなたはどんな姿勢で寝ていますか?実は体に最もメリットをもたらす睡眠時の姿勢が研究によって明らかになりました!
SPONSORED LINK

この世に生きる生物全てが必要とする『睡眠』

『人はなぜ眠るのか」、『睡眠がなぜ必要なのか』は完全には解き明かされていませんが、その多くは脳や体を休ませ、生命を維持することに必要不可欠だと考えられています。
また、人の成長や寿命にも睡眠は多くの関わりが研究によって明らかにされてきました。

そんな睡眠を取る際は、誰もが個々それぞれに寝やすい態勢があるかと思います。

仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人によって安眠出来る寝相は様々。

しかし、眠りにつきやすい姿勢=体に最も良い姿勢とは限らない…
ということをご存知ですか?

そんな体に最もメリットをもたらす睡眠時の姿勢が研究によって明らかになったと大きな注目を集めています。

SPONSORED LINK

アユールヴェーダの専門医、John Douillard博士によると、健康上最もメリットの多い睡眠時の姿勢は【左向き寝】だと結論付け。

この姿勢がどの姿勢よりもデメリットが少なく、健康を維持し長寿を得ることも可能なのだそうです!

今回、そんな【左向き寝】をすることによって、もたらされるメリットについてご紹介します。

1.胸焼けの消化不良を引き起こさない
426-1

脂っこい食事や激辛料理を食べた後は、左向きを意識して寝たほうがいいようです。
左向きの姿勢で眠ることで、胸焼けの症状を緩和することができるのだとか。
理由は胃の形にあるようで、反対に右向きで眠る場合は、胃酸が食道を逆流してしまい、胸焼けを起こす原因となってしまうそうです。

2.『いびき』改善
426-2

「他人のいびきがうるさくて、一睡もできなかった」なんて経験はありませんか?
もしかしたら彼らの治療法は、寝る向きを変えるだけでいいのかもしれません。
【閉塞性睡眠時無呼吸症候群】に悩む人には、左向き寝が効果的なのだそうです。
仰向けの状態で寝ているとき、重力で舌の付け根部が気道を圧迫し、いびきの原因となることがあります。
左向き寝をすればこれを改善することができ、いびきが発生しなくなります。

3.消化吸収を助ける
426-3

John Douillard博士は、このように主張します。
『左向きに寝る際、重力によって消化器官では、食べたものの移動がスムーズになる。』
具体的には小腸から大腸へと排泄物が移動しやすくなり、お通じが良くなるのだそうです。

4.心臓に負担がかからない
426-4

人間の器官の中でもっとも重要なのが心臓。
左向きに寝ることで、この心臓の健康まで保たれるというのです。
左向きに寝た場合、心臓に向かってリンパ液が排出されることで、睡眠を助長し、心臓はムダな動きをせず、休息状態が得られるそうです。

5.脾(ひ)臓の状態を整える
426-5

心臓と同じように、左向きの恩恵を受ける器官が脾(ひ)臓。
この臓器はリンパの塊のようなもの。
脾臓は体の左側に位置しているため、心臓同様に重力に逆らわない左向きが最適だそうです。

6.リンパの流れを改善
426-6

首や脇の下を通るリンパ節。
このリンパのバランスを整えることこそ、健康を維持するうえで必要不可欠と言っても過言ではありません。
「Healthy Life Trick」も、睡眠健康法として左向きを推奨するほど。
理由は、人間の体を流れるリンパの主要な部分は左側にあり、そちらを下にすることで、毒素や老廃物をろ過する働きがあるためだそうです。

7.血液の循環を良くする
426-7

血液の循環を促進し、静脈瘤の危険を予防できるのだそうです。
体の右側を流れる大動脈に圧力がかからないため、血液の循環が滞りなくスムーズに行われます。
特に、足の静脈に血液が詰まり、血管がボコっと浮き出ている人に、左向きの実践を呼びかけましょう。

8.妊娠時、胎児への血液循環を良くする
426-8



妊婦さんであれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
妊娠時は左向きに寝ることで血液の循環が改善し、胎児の健康へも大きく影響があるそうです。

いかがでしたか?

私たちが生きていく中で、欠かすことのできない睡眠。
この寝る姿勢による内臓への負荷が毎日積み重なることにより、突如体調不良や病気を引き起こしてしまうこともあるようです。

メリット尽くしの『左向き寝』、みなさんも今日から始めてみてはいかがですか?

【引用元】
http://netallica.yahoo.co.jp/



おすすめの記事