「年寄りを狙った悪質契約」大手有名PC店で行われている信じられない実態!
SPONSORED LINK

80過ぎの父がPCの修理に行ったところ、不要なサポート契約を結んで帰宅。

気付いた息子が解約に行くと解約料として20万円を請求されるという出来事がありました。有名な店でも油断はできないようです。

先日、ケンヂ (@kenzysince1972)さんが投稿した、「PCサポートサービス」に関するツイートに、大きな反響が集まっています。

解約料で10万円!?

実際は20万円を請求されたものの、交渉したら10万円になったというケンヂさん。

詳しく経過を見てみると

Cp5CX4CUEAAoywN

Cp5CZxjUAAA7_X3

Cp2tJmgVYAAz-lL

Cp2tKZ6UEAAfmVG

 

 

 

 

Cp3ujSYVUAEHwH1

Cp3ukDcVMAEZLqh

Cp3ulBEVYAAhVmn

Cp3unGEVYAEG9Km

 

 

 

まとめると

パソコンの修理に行っただけの父が、総額15000/月の「契約」を結んでいた。

内容を確認すると、コースは「PC10台まで初期設定対応」などのサービスを含む最も高額なもの。iPad Airなどの本体代金もオプションとして含まれていた。iPad Airはリース契約で、所在が不明。

必要がないためケンヂさんが解約に向かうと、契約解除料として20万円を請求され、「ゴネたら」10万円になった。

情報弱者であるお年寄りに対しての信じられない内容に、Twitter上でも「悪質すぎる」との意見がわき上がっています。

「無知だからこそ」「家族がいないのを良いことに」。そのような思惑が、明らかに不必要と思えるサービス内容から見え隠れして、憤りを感じてしまいます。

ケンヂさんは、消費者センターに問い合わせ中とのこと。事態が好転することを祈ります。

Twitterでの反応は・・

SPONSORED LINK

【引用元】

https://twitter.com/kenzysince1972




おすすめの記事