テニスの試合終了後、握手もせず立ち去ろうとする選手・・とんだマナー違反かと思えば次の瞬間、とてもホッコリする事になるとは!
SPONSORED LINK

スポーツの試合終了後によく見かける光景として、お互いの健闘をたたえる握手やハグする場面があります。

あれって個人的にはかなり好きでして、これぞスポーツマンシップって感じがします。

そんな光景が当たり前なのに、負けた試合終了後にその場を立ち去ろうとする選手がいました。

 

 

テニスの試合にて、負けてしまったドゥディ・セラ選手が、何を思ったか、どこかへ走り去ってしまいます・・

 

 

呆然と立ち尽くす対戦相手のイボ・カロビッチ選手。

しかし次の瞬間、セラ選手が戻ってきました!

 

 

この後の展開にめちゃめちゃホッコリさせられる事になるとは、思いもよりませんでした・・



 

 

ネットでの反応は・・?

「素晴らしいスポーツマンシップだ!」

「セラ選手は相手だけじゃなく、観客も喜ばせようとしてくれたんだね」

「ラケットを置き、両手でハグに応じたカロビッチ選手も素晴らしい!」

SPONSORED LINK

身長211cmのカロビッチ選手に対し、身長175cmのセラ選手。

36cmもの差を埋めるため、戦い方のみならず、こうした部分でも事前に対策を練っていたようです・・

これぞ紳士のスポーツ「テニス」といったとこでしょうか・・^^;

 

 

 

【引用元】

https://youtu.be/LLbtwz4Aw9Q



おすすめの記事