車を手放すことになり号泣する小1の息子。妹と共にこっそり手紙を忍ばせた。するとその後・・・
SPONSORED LINK

長年乗っていた愛車は愛着が湧きますよね。

手放す時は何だかとても寂しい気持ちになります。

そんな車との別れで起きた、とある家族の涙溢れるエピソードをご紹介します。

去年の夏、、新車を購入するため、

5年間乗ったカローラを手放すことになった時、

小1だった長男は声をあげて泣きました。

長男は妹と一緒にカローラの中に

「カローラへ。

いままでいろんなところにつれていってくれてありがとう。

これからもげんきでね」

と書いた手紙をしのばせ、カローラとお別れしました。

それから9ヶ月余りが過ぎた先日、



郵便受けに

「カローラより」

と書かれた長男と妹あての手紙が届きました。

その手紙には

今カローラは新しいオーナーの赤ちゃんを乗せて

毎日元気に走っていること、

その赤ちゃんが手紙をくれた2人のように

優しい子になってほしいということが書かれていました。

熱いものがこみ上げました。

長男は涙がこぼれ落ちないように必死に天井を見上げていました。

SPONSORED LINK

心温まるエピソード、素敵ですね。

子供たちにとってもカローラはきっと大切な家族のような存在だったのでしょう。

このカローラも、素敵な家族から素敵な家族へと乗ってもらえて幸せですね!

 

【引用元】

https://hobby7.5ch.net/



おすすめの記事