熱帯夜の中、飲みかけのペットボトルを枕元に数時間放置→再度飲む。これは絶対にやめて!!こんな悲劇があなたを襲うことになる・・・。

今年も猛暑の季節が始まりましたね。

 

特にエアコンがないと熱帯夜の中眠るのは大変寝苦しいですよね。

 

水分補給のため枕元にペットボトルを置いて寝ている方がいるかもしれませんが、、この行動要注意ですよ!

 

ある男性が投稿した、体験談に注目が集まっていましたので紹介させていただきたいと思います。

ペットボトルに口をつけて飲むと、菌が繁殖すると言われています。

そのため、気温の高いところに置いてあったペットボトルにおそらく菌が繁殖してしまったのでしょう。

男性はお腹を壊して気づくと病院にいたのです。

しかし、意外とペットボトルに口をつけて飲むことが危険だという認識を持っている人は少ないため、これは人ごとではないかもしれません・・・。

Twitterでの反応は・・?

ついついやりがちなペットボトルの放置・・・。

甘くみてると痛い目をみそうですね。

この季節は特にペットボトルに口をつけて飲むのは避け

コップに注いで水分補給を行うようにしましょう。

【引用元】

https://twitter.com/necamax/

おすすめの記事